englishchinese

AGAルネッサンスクリニック
通話無料!電話カウンセリング&無料診察のご予約 ドクターカウンセリング無料実施中!!写真で送れるドクター相談無料カウンセリングWEB予約
女性用ARTAS自毛植毛|薄毛治療の病院 AGAルネッサンスクリニック
HOMEAGAとは女性の薄毛治療内容一覧料金表モニター募集症例写真体験談ドクター紹介クリニック案内

お電話でのお問合わせはこちら
写真で送れる無料ドクター相談
無料カウンセリングWEB予約
当院の治療の流れ
AGAルネッサンスクリニックの歩み




ドクター・スタッフブログ一覧 ドクター・スタッフブログ一覧 採用:医師・看護師募集 提携 湘南メディカル記念病院 人間ドックのご案内

女性用ARTAS自毛植毛

ARTAS自毛植毛

世界初のロボットによる切らない植毛
ARTAS systemの特徴
アルタスキャンペーン


ARTAS自毛植毛とは

植毛手術なのにメスで切らない!
ARTAS systemではドナーの採取箇所に線状の傷が出来ません!
メスで切らない植毛法なのでダウンタイムが最小限ですみます。


女性施術例
眉毛

眉毛の植毛もARTASなら短時間で施術が可能です。
トリミングした毛髪を丁寧に植毛するので自然な仕上がりに。

うなじ

薄くなっていたうなじもARTAS自毛植毛で甦ります。
植毛した毛は1年後には自毛になり定着します。

リフトアップ

慢性的な薄毛の箇所も自然に植毛ができます。
徐々に定着して自然に周囲の髪と馴染んできます。



マトリステム


ARTAS systemとは

最新のテクノロジーを駆使した毛髪採毛システム!
高度なデジタル技術と高精度ロボット工学を用い毛髪をムダなく確実に採取することができます。

ARTAS systemは高度なデジタル画像処理によって頭皮上の毛束の位置を瞬時に特定、分析します。

このような毛束を毛包単位(follicular unit)といいます。
ARTAS systemの高感度ロボットは毛包単位を無傷のまま正確に採毛することができます。採毛中は継続的に頭部のあらゆる動きを感知し動的に調整を繰り返していきます。

毛包単位を毛髪のある部分からランダムに採毛するために頭皮は採毛したのにも関わらず自然な外観を保つことができるのです。

精密ロボット工学:精密で正確な動きを再現

画像ガイダンス:ステレオデジタル画像ガイド全てのムーブメント

デジタル可視化:3次元空間内の毛包単位を動的に追跡

ビジュアルサポート:東武の動きに合わせて瞬時に調整が可能

マニュアルとオートメーション2パターンによる採毛

ドナーエリアを四以前に仕上げる


2ニードルシステム
外側パンチと内蔵された鋭い内針の2段階構成されています。内側の小さな針は頭皮表面、外側のパンチは残りの組織から毛包単位をスムーズに吸引します。

テンショナーシステム
均一な頭皮の張りを実現します。頭皮を均一な状態にすることで精度の高いデジタル画像処理が可能になります。

ARTAS systemが正確に毛包単位を感知、採毛します。
ARTAS system の実用性
ロボットを用いるSEOと熟練した医師が手で行う主義との違い

胃がんの手術も整形外科の手術も前立腺の手術もそして脳腫瘍の手術も保険治療の外科手術の殆どがロボット(ダヴィンチシステム等)を用いた手術に変わりつつあります。このアルタスシステムも実は脳外科医のアイデアで開発され、ダヴィンチシステムを開発したメンバーが関与しています。
胃がんの手術も最初は殆どの医師が反対しました。自らの手で行ったほうが正確で早いという主張です。しかし今ではそのような事を唱える医師はごく少数です。ロボットがオートマチックに手術するのではありません。熟練した医師がロボットという強力な武器を得る事でその技術を更に飛躍させる事が出来るのです。例えは良く有りませんが分かりやすく説明しますと。刀よりも鉄砲、鉄砲よりもマシンガン、マシンガンよりも戦闘機のほうが破壊力が強い事はテレビゲーム世代の人にも分かりやすいかもしれません。
また別な言い方をすれば、 A 地点から B 地点まで長い道のりの旅をするとしたら、歩くより、自転車、自転車よりもバイク、バイクよりも自動車の方が疲れによる間違えも少なく、より早く着くのですが、これもやはりドライバーの適切な操作が必要であります。


ロボットとマニュアルの手術の差
1.二段階の操作で毛根を傷つけずに採取
ロボットで移植株を採取する際、直径1mmのシャープニードルで鋭的なパンチをします。次いでコアリングニードルという外側のニードルが回転しながら鈍的に組織をかきわけ毛根まで到達します。このような二段階の操作をすることで毛根を傷つけずに採取する事が可能になります。
この過程でシャープニードルでのパンチの深さ、角度、コアリングの回転数と深さの4つのパラメータが重要になります。
ロボットは4つのCCDで髪の毛の生えている角度、方向、分布、密度等を三次元的に正確に把握します。また、パンチした瞬間、実際にパンチされた深さと設定値との極微妙なずれを算出し、次のパンチにおける4つのパラメーターを瞬時にリアルタイムに変化させて行きます。また、医師が自分の判断でマニュアルで修正をかける事も可能です。
2.傷跡は1mm以下
テンショナーという皮膚にテンションをかけて伸ばす装置を用いているため、皮膚が2倍近く引き延ばされます。皮膚にテンションがかかっているため、パンチがよりシャープになり傷跡も奇麗になります。そのため、最大外形1.75mmという比較的太い針でパンチしても傷跡は1mm以下と小さくなるのです。しかも大きなパンチをもちいればより正確に毛根を傷つけずに株を採取できます。
3.パンチする株をランダムに均等に選定
パンチした株と次にパンチする株との距離をあらかじめ設定する事ができるため、隣接した株をパンチしてしまう事がありません。パンチする株がランダムに均等に選定できるのです。さらにパンチされる予定の株が、医師の判断で不適切な株と判断された場合は不適切な株をマニュアルでスキップする事も可能です。
4.全ての株の毛根の状態を再チェック
パンチした株を直接移植するダイレクト法と異なり、全ての株を顕微鏡下に毛根の状態を再チェックし、不要な周囲組織をトリミングしてFUEに最適な株を作り上げています。そのため仕上がりに差がでます。瘡蓋も少なく、密度も最高レベルにあげられるのです。
5.正確に、適正に毛根を採取
ロボットは疲れを知りません。FUE植毛の世界で最も有名な医師、ニューヨークのDR.バーンスタインは「アルタスシステムは毛根を虫眼鏡の様な物から見るのではなく、拡大されたスクリーンで見るので、正確に、適正な、どの毛根を次ぎに採取するのか解りやすく、しかも医師の疲れなど関係ないので2000本の採集でも最初の一本と2000本目に取った物も全く同じである。」*と言っています。
この言葉はこれからの自毛植毛の行くべき方向を指し示していると言えるでしょう。
*参考サイト:Robotic Precision, Control and Reproducibility

毛根の切断率(%) 1時間に採取できる株数
ARTAS system 7.7% 500株
アメリカの平均的な医師 23% 220株
FUEに熟練した医師 5~10% 60株
※データ提供元:Restoration Robotics,Inc.


マトリステム


ARTAS system施術の流れ
ドナー採取エリアを決めます
ARTAS systemが頭皮をデジタル処理しやすいようテンショナーをセッティングし頭皮を均一の状態にします。
毛髪を毛束として選別
頭皮をデジタルスキャンし、毛髪を毛束として選別していきます。
ドナー採毛プランを制作し毛束の位置方向を確認します。
3次元での画像処理を用いているので、毛束の位置や方向も正確に選別することができます。
採毛
事前にプランニングされた目標数に達するまで採毛を繰り返します。
ARTAS systemの高精度ロボットは移植に用いる毛包単位を無傷のまま正確に採毛します。
ランダムに採毛するため、術後の頭皮は自然な外観を保てます。
移植
採毛した毛髪を薄毛部分に移植します。
移植された毛髪は抜けては生え、また抜けては生えるという正常なヘアサイクルを生涯繰り返します。
スタイリングもカットもパーマも自由自在、お好きなスタイリングをお楽しみ下さい。
  • ドナー採取箇所は小さなかさぶたができる程度です。ほとんどの方が遅くとも1~2日以内に通常通りの生活が可能になります。
  • ドナー採取箇所は採毛前と比べ見た目の変化はほとんどありません。
  • 移植した毛髪は1ヶ月程度でほとんどの毛が抜け落ちます。(時期や抜け方には個人差があります。)
  • およそ3ヶ月後から細い産毛のような弱い毛が生え、徐々に太い毛に成長していきます。
  • 周りの毛髪と同じような太さになるには個人差がございますが1年程度の期間が必要になります。

動画で見るARTAS体験談


ARTAS紹介動画


ARTAS植毛の料金表


マトリステム

アルタスキャンペーン







pagetop

ドクターメール相談

無料カウンセリングWEB予約