englishchinese
魅力の育毛レーザー!|薄毛治療の病院 AGAルネッサンスクリニック
AGAルネッサンスクリニック
通話無料!電話カウンセリング&無料診察のご予約 ドクターカウンセリング無料実施中!!写真で送れるドクター相談無料カウンセリングWEB予約
HOMEAGAとは女性の薄毛治療内容一覧料金表モニター募集症例写真体験談ドクター紹介クリニック案内

お電話でのお問合わせはこちら
写真で送れる無料ドクター相談
無料カウンセリングWEB予約
当院の治療の流れ
AGAルネッサンスクリニックの歩み




ドクター・スタッフブログ一覧 ドクター・スタッフブログ一覧

最新の薄毛治療法

薄毛治療は、薬を服用しながら長期にわたって治療をするしかないのでしょうか?実はさまざまな技術によって薄毛治療は日々進歩しているのです。最新の治療法について紹介します。

最新の薄毛治療

さらなる薄毛治療を

フィナステリドやミノキシジルなどの治療薬だけではなく、もっと効果を実感したい!そんな思いを持った方もいるのではないでしょうか。 薄毛を改善する方法は治療薬だけではありません。こちらではより効果的な治療法をご紹介します。

自毛植毛

AGAの原因となるⅡ型5αリクターゼの影響を受けにくい後頭部の毛髪を、薄毛の部分に移植します。 自分自身の毛髪を移植するので、移植部分が浮くことなく、とても自然に仕上がります。また、一度移植して定着した毛は永久的に生え続けるのです。 しかし、現在の医学では、移植させる毛は後頭部、および一部の側頭部から採取するしかなく、採取できる数には制限があります。 そのため、毛根をいかに傷つけずにドナー(移植させる毛)採取出来るかがとても重要なのです。

人の手で行う場合

医師の手により移植させる毛(ドナー)を採取し、専門の機械によって植毛するといった流れで行われます。毛根の生える向きには個人差があります。 熟練した医師であれば正確かつ迅速に採取できますが、人によってムラが出たり、施術時間が長くなったりします。 また、施術時間が長くなると、患者様の精神面・身体面での負担が大きくなってしまいます。

ドナーストリップ法

ドナーを採取する際に極限まで毛根を傷つけないようにするために、ルネッサンスクリニックでは2段階切開法(2ステップインシジョン)を行っています。

【2段階切開法(2ステップインシジョン)】

第一段階

皮膚の深さ1mmほどで毛幹を切断しないように、注意深く切開します。この時点では、まだ毛根に到達していないので毛根を切断することがありません。

第2段階

ドナーの断端(はしっこ)の切開線を注意深く、皮下に進めていきます。毛根が見えたところで、毛根を切らないように気をつけながら「かつらむき」のように切開を進めていきます。 第1段階での切開線の下に毛根が交差している場合でも、優しく左右に皮膚を引っ張りながら剥がすように切開することによって、毛根を切ることなく採取することが出来ます。

ドナー採取を行ったら、次は縫合です。西洋人と比べて東洋人の頭皮は硬いため、縫合すると張力が強くかかってしまいます。 それによって、皮膚断片の血液の流れが悪くなってしまい傷跡が目立つ傾向にあるのです。 そこで、ルネッサンスクリニックでは、極力傷跡を残さないようにドナー部分の縫合に工夫をしています。

【ドナー部縫合法】

STEP1 皮膚下縫合

頭皮の下にある頑丈な帽状腱膜という特殊な層を縫合します。これによって、張力が皮膚にかかりにくくなり、血行も保たれます。
※糸へのこだわり・・・皮膚下縫合ではPDF-2という特殊な吸収糸を使用することで、皮膚にかかる張力を2ヶ月の間50%軽減します。 この糸を使用することによって、さらに傷の治りがよい症例が増えました。

STEP2 変形マットレス縫合

変形マットレス縫合という縫合を表皮、真皮、皮下組織を含めて行います。皮膚の断端の高さを合わせ、皮膚の断端の血液の供給を極力妨げないようにします。

こうして採取したドナーは、それぞれが同じサイズになるように均一な移植株(Fu株)に作成されます。 その後、今生えている毛、もしくは生えていただろう毛を想定して自然なヘアーラインになるよう移植します。 なお、移植毛には血管がついていないため、移植直後から3日ほどは、血液からではなく血漿成分(傷口から出る透明な液体)から栄養を受け取らなくてはなりません。 そのため、移植の際にはマイクロブレードを使って、移植株にあわせた新しい毛穴を作成し、それぞれの株にダイレクトに栄養が届くようにします。 このような手技によって、より自然な仕上がりを完成させます。

ドナー部縫合

機械で行う場合

AGAルネッサンスクリニックが導入しているARTAS(アルタス)は、アメリカの有名な外科医と医療用ロボット専門家により開発されました。 ARTASが備えている4つのCCDカメラで1秒毎に50回撮影し、髪の角度、向き、密度、本数を正確に把握します。 そして、その画像を専門医師がモニタリングチェックを行いながら、正確かつスピーディーにドナーを採取します。 ARTASは、何万通りの統計データから、肉眼では確認できない皮膚下にある毛根の角度を計算、髪の密度や本数などを正確に算出します。 これによって、毛根が切断されず、採取部分が目立つことのないようにドナーを採取することができるのです。ARTASが誇る2つのシステムをご紹介しましょう。

テンショナーシステム

ARTASのテンショナーで頭皮の硬さを測定することによって、以下の3点が可能になります。
① 薄毛部位の硬さと薄毛の程度を評価する
② ドナー採取部の頭皮の硬さと採取率の関係を調べる
③ 薄毛部位の頭皮の硬さと定着率を調べる

これらを把握して行うので、より自然に仕上げることができるのです。

2ニードルシステム

ARTASがドナー採取する際には、外側パンチ(アウターニードル)と内蔵された鋭い内針(インナーニードル)の2段階で構成されたものを使用します。 インナーニードルで皮膚のみをパンチし、その後アウターニードルがコアリングすることで、毛根を傷つけず、スムーズに吸引することができます。 これはARTASだからこそできる技であり、人の手によるドナー採取では行うことができません。 また、ロボットは4つのCCDで髪の毛の生えている角度、方向、分布、密度等を三次元的に正確に把握していますが、パンチした瞬間、その深さと設定値との極微妙なずれを算出し、 次のパンチにおける4つのパラメーター(パンチの深さ、パンチの角度、コアリングの回転数、コアリングの深さ)をリアルタイムに変化させていきます。 もちろん、医師の判断により修正をかけることも可能です。

ニードルシステム

毛髪再生メソセラピー

お客様の治療の目的に応じた医療薬を頭皮から直接注射器で注入します。注入した有効成分は毛根部分に働きかけ、その結果、毛根が復活し丈夫な髪の発毛・育毛が期待できるのです。

痛みがなく、効果が高いということで人気が出てきている治療法です。そして、さらに進化した毛髪再生メソセラピーは注射器を使わず浸透させる技術を駆使しています。

AGAルネッサンスクリニックオリジナル「毛髪再生スマートメソ」

ルネッサンスクリニックオリジナルの毛髪再生スマートメソとは毛根に成長因子を浸透させることによって、痛みをともなわず、発毛効果を短期間で実感できる次世代の毛髪再生メソセラピーです。 効果を最大に発揮させるため、まずはCO2フラクショナルレーザーを使い、最初に頭皮ケアを行います。古い頭皮を再生するよう促し、血行を良くしてから、 超音波を使って有効成分を届きやすいようにし、エレクトロポーションで頭皮の奥に有効成分を浸透させるのです。 毛髪再生スマートメソでは、発毛を促進する成分が豊富に含まれている幹細胞から抽出したタンパク質を有効成分として使用しています。 頭皮に浸透した有効成分は、毛母細胞を活性化させ、発毛へと促します。このように、毛髪が成長する為に必要な毛母細胞への十分な栄養の供給を効果的にサポートしてくれるのです。 そのため、時間をかけてじっくり治療していくAGA治療薬よりも早く発毛効果を実感することができ、多くの方は半年~1年で納得のいく発毛効果を感じています。

毛髪再生スマートメソHRの効果

最新の治療で育毛を実感

薄毛治療のための最先端の治療で発毛を実感したいなら、現在の進行状況やその症状をしっかり把握することが大切です。 薄毛治療薬だけでは理想の結果が得られなかった方は上記のような最新治療を組み合わせることをご検討ください。 ルネッサンスクリニックでは、安心して治療を受けられるように、あなたのお悩み・治療相談やご要望等をお伺いする無料カウンセリングを行っています。専門のドクターがお答えしますので、何でもご相談ください。

無料カウンセリングのご予約はこちらから



当院の薄毛治療はこちら


pagetop

ドクターメール相談

無料カウンセリングWEB予約