湘南美容外科クリニック

AGA診断

お電話でのお問合わせはこちら
写真で送れる無料ドクター相談
無料カウンセリングWEB予約
当院の治療の流れ



採用:医師・看護師募集
クリニクス新宿
クリニクス大阪
薄毛治療薬専用フォーム

AGA診断

少しずつ進行するAGA、あなたが今どのステージなのか診断してみませんか?
分かりやすいセルフ診断をしながら、進行度に合った治療法の説明を行います。
ぜひ参考にお読みください。

AGAの進行度

進行前の診断なら「AGA遺伝子検査」

少し生え際が後退してきたかも?まだ薄毛と言うほどではないが将来が気になる方には遺伝子検査をおすすめします。将来的にAGAを発症する可能性があるのか、自分が発症するAGAにはどのような治療方法が最も適しているのかを遺伝子検査によって、よりはっきりとした判定結果を出すことができるのです。
「AGA遺伝子検査」は口内粘膜を採取して検査するので、痛みを感じることがなく、さらに早期発見も可能です。検査の結果、AGAを発症する確率が高い場合はすぐに治療を行えば予防することも可能です。
早期発見・早期治療のためにも「AGA遺伝子検査」はとても大切であると言えるでしょう。

薄毛の遺伝子検査とは

AGA治療口内粘膜から採取して、遺伝子調査を行います。遺伝子を測定することによって、将来的なAGAの発症リスクとフィナステリドによる治療効果をあらかじめ予測することができるのです。
採取した遺伝子配列によって、下記の2つを確認することができます。
・CAGリピート数→フィナステリドによる治療効果
・GGCリピート数→AGA発症リスク

AGAに大きく影響しているCAGリピート数とGGCリピート数を判定することによって、より正確なデータを導き出し、その人にあった治療方法をご提案することができるのです。
また、DNAは生まれたときから一生変化することがありませんので、何回も受ける必要はありません。AGA遺伝子検査は1回だけ受ければよい検査なのです。
ただし、AGA遺伝子検査の結果、発症リスクが高い遺伝子を持っているからと言って必ずしもAGAを発症するというわけではありません。遺伝によるAGA発症の影響は約70~80%といわれており、遺伝以外にも生活環境や食習慣、ストレスといったさまざまな環境からの影響を受けると言われています。

DT:CAGリピート数とは
CAGリピート数とは人の遺伝子の配列の繰り返しをカウントしたものです。
C(シトシン)・A(アデニン)・G(グアニン)という塩基成分が順番に配列されている繰り返しの数(リピート数)を調べます。このCAGリピート数が短いと、GHT(ジヒドロテストステロン)に反応しやすい、つまり、フィナステリドが効きやすいということになります。

DT:GGCリピート数とは
CAGと同じように、遺伝子配列の中の塩基成分G(グアニン)・C(シトシン)が、G→G→Cの順番に配列されているところを見て、その繰り返しの数(リピート数)を調べます。
この繰り返しが短いとAGAの発症リスクが高くなります。

頭皮の状態から見る、AGA進行度の診断と治療法

AGAには7段階の進行度があります。ハミルトン・ノーウッド分類と言い、アメリカのハミルトン医師が作った7段階の分類です。この分類表を使って、現在のAGAがどのくらい進行しているのを確認し、その症状を把握したうえで症状に合ったベストな治療法を選択していくことができます。
ハミルトン・ノーウッド分類は、AGA進行状態の確認、治療法の確認に対する重要な判断指標となっています。
それでは、このハミルトン・ノーウッド分類を確認しながら、進行状態にあわせた最適な治療法について説明していきましょう。

ハミルトン・ノーウッド分類

進行度1(生え際後退のみ)

ステージ1

生え際が少し後退してきたが見た目には問題のない状態、生え際からの進行と共に、頭頂部がO型に脱毛してきた状態、もしくは脱毛が始まっていないか、始まっていても気付かない状態である段階です。
AGAの初期段階と言えますので、治療法としては基本であるAGA治療薬がもっとも有効で、早く効果が出ると言われています。フィナステリド内服薬(プロペシア等)を服用し、 ミノキシジル外用薬で現在の毛を維持しましょう。治療の価格が安く済み、治療自体も副作用やリスクが少なく安心できます。現状を維持し発毛を促進させましょう。

進行度2~3(M型・O型の差がある状態)

ステージ2-3

進行度2~3ではM型(前頭部からAGAが進行)とO型(頭頂部からAGAが進行)で症状が変わるステージです。すでにAGAがある程度進行している状態なので、基本であるAGA治療薬に加え、毛髪再生メソラピーなどを行うのがよいでしょう。フィナステリド内服薬(プロペシア等)を服用する基本の治療法にプラスして、毛髪再生メソラピーで頭皮から直接有効成分を注入することによって、より発毛を促進させることが大切です。組み合わせて治療を行うことでさらに効果的な結果を目指しましょう。

進行度4~7(毛のない面積が広がっている状態)

ステージ7-7

AGAが起こりやすい前頭部・頭頂部付近にほとんど毛髪がなくなり、全体的にかなりAGAが進行している状態です。毛が生えなくなって長い時間が経過してしまった毛根は、毛母細胞自体が死んでしまっているのでAGA治療薬だけでは再生が難しいと言われています。そのため、治療法としては自毛植毛に加えてAGA治療薬をおすすめします。毛が無くなってしまった部分には自毛植毛をおこない、並行してAGA治療薬を服用することで、今ある残された毛を維持していきます。

早期に治療するほど、改善の可能性は広がる

先に述べたとおり、症状が進めば進むほど治療は難しく、安くて副作用が少ない治療法では対応できなくなってしまいます。その結果、自毛植毛など高リスクで治療費も高額な治療法を選ぶこととなるのです。
「早い段階からプロペシア服用とあわせて頭皮をケアしてAGAの進行を防ぐ!」 そのためにも、AGAの早期発見・早期治療はとても重要となってきます。
また、早くから対処することによって、経済的にも精神的にも負担が少なくなるのです。

AGA治療には早期発見・早期治療がとても重要であることがお分かりになったかと思います。将来自分は遺伝的にAGAを発症するのかどうか、今現在、あなたのAGAがどの段階まで進行しているのか、気になっていないでしょうか。
あなた自身のAGA状態を把握し、不安なく安心して治療を受けられるように、あなたのお悩み・治療相談やご要望等をお伺いする無料カウンセリングを行っています。
専門のドクターがお答えしますので、安心してご相談ください。

無料カウンセリングのご予約はこちらから



pagetop
AGA治療薬トライアル AGA治療薬フィナステリド 初回限定1ヶ月1800円 詳細はこちら