湘南美容外科クリニック

AGA治療薬の組み合わせ

お電話でのお問合わせはこちら
写真で送れる無料ドクター相談
無料カウンセリングWEB予約
当院の治療の流れ



採用:医師・看護師募集
クリニクス新宿
クリニクス大阪
薄毛治療薬専用フォーム

AGA治療薬の組み合わせ

AGA治療薬はプロペシアなど有効成分「フィナステリド」が含まれるものが有名です。
しかし、これだけでは目に見える結果が出なかったという方も多く、効果の高い薬を組み合わせて飲むことでより高い結果が出ることも分かっています。
AGAのお薬のこと、詳しく解説していきます。

組み合わせ

プロペシア®など「フィナステリド」の効果と副作用

フィナステリドの働きは、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を増やす5αリダクターゼという酵素を抑制するというものです。
ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることで、抜け毛を予防します。

飲み初めに出る「抜け毛」は初期脱毛という副作用

AGA治療薬で最も利用されるフィナステリド、実は多くの方に見られる副作用として初期脱毛と呼ばれる抜け毛があります。AGA治療薬を飲み始めてから約1ヶ月~2ヶ月の期間、抜け毛が多くなるのは、ヘアサイクルの乱れた細くて弱々しい毛である弱毛(じゃくもう) が抜けて、強い髪の毛に生え変わるために起こっている現象なのです。初期脱毛とは、実は薬が効いている証拠なのです。

比較

まとめ:
このように、弱毛が抜けて生まれ変わる段階を乗り越えてから薄毛改善になるので、その後の髪の成長がとても重要になってくるのです。
フィナステリドは抜け毛を予防する効果のあるAGA治療薬であり、その後に生えてくる髪の毛を太く強く育てる効果はありません。
予防するだけではなく、髪の毛自体を強くするためには、髪の毛を太く強くするための薬と合わせて飲まないと高い効果を得ることはできないのです。

詳しくは「初期脱毛とは」をお読みください

フィナステリドの効果は遺伝に左右されることも

「プロペシア®の効き目は個人差がある」などとよく言われますが、実は生まれ持った遺伝子によって、フィナステリドの効果が出やすいかどうかが左右されているのです。
そのため、治療の一環として遺伝子検査を勧められることがあります。
遺伝子検査では、将来AGAによる薄毛を発症するリスクや、フィナステリドによる治療効果をあらかじめ予測することができるのです。
フィナステリドの治療効果が低い場合は、他の薬と一緒に飲んで、効き目が低いことを回避する、といった治療方法を選択することもできます。

フィナステリドをサポートする優秀なAGA治療薬

併せて使用していきたい薬としては第一にミノキシジル外用薬が有名です。
ミノキシジルは血管拡張作用があるため、頭皮の血行を良くすることで、毛根までしっかり栄養を行き渡らせることができます。
この効能を外用薬として体の外側から取り入れるだけでなく、内服薬として体の内側から取り入れ、血中から毛根に送るとさらに効果的になります。
また、栄養を毛根まで運ぶためにはアミノ酸やビタミンも必要となってきます。

効果を最大にするためのクリニック治療薬

当クリニックでは皆様にご満足いただける高い治療を目指し、AGA治療薬を独自で開発しています。

クリニックに通わず、自己判断での治療となると、薬については個人輸入をして服用することになります。
薬を個人輸入する場合、その薬の質が確かなものか・・・という不安があります。
また、本当に生えているかどうかの客観的な診断がないと効果を実感できないため、治療を継続することができなくなって、途中で治療自体を止めてしまいがちです。
当クリニックで治療する場合、診断によって、その時に行っている治療の効果が見えないと判断した場合は、飲む薬の量を医師が調整します。
専門の医師の「薬が効いていないのであれば効果が出るように調整する」という判断はとても重要です。
また、肉眼だけでなく、マイクロスコープを使用して治療経過を見ていきます。
マイクロスコープで頭皮や髪の毛の状態を経過観察することによって、肉眼ではまだ見ることができない治療効果も実感できるようになります。
その時の症状や状況に合わせながら専門の医師が調整を行い、その方に合った治療をしっかり行っているのです。

HR(ヘアルネッサンス)外用薬

有効成分ミノキシジルに加え、フィナステリドをW配合した育毛剤です。

ミノキシジルは6.5%の量で配合していますが、これはミノキシジルを1~15%までの配合で臨床試験を行った結果、一番効果的な配合量が6.5%であると判断しました。
フィナステリドは1日分で1mgになるように配合しています。
また、アルコール濃度を下げて作っているので、しっとりと頭皮に留まりすぐに蒸発してしまうこともありません。
そのため、頭皮に長く残って毛根に浸透させることができます。
また、アルコールかぶれも回避することができ、頭皮に優しいスプレーとなっています。

HR(ヘアルネッサンス)タブレットAi


フィナステリド内服薬で内容もプロペシア同様1mgです。AGAが進行しないように抑制する働きがあります。
HR(ヘアルネッサンス)タブレットAiは信頼できる台湾開発のジェネリック医薬品であり、プロペシアやファイザーから販売されているフィナステリド錠と全く同じ成分となっています。
フィナステリドについては、同じ効能があると謳っていても個人輸入で購入する薬に関してはその安全性が確実なものではありません。
あくまでも自己責任となりますので注意が必要ですが、クリニック開発の治療薬なら信頼できる製造元で医師が開発に携わっているので安心です。

HR(ヘアルネッサンス)タブレットB-2


ミノキシジル内服薬(通称ミノタブ)です。
血管拡張作用があり、血行を良くし、毛根まで栄養を行き渡らせることによって、発毛や髪の毛を強く太くする働きがあります。
同じような効能があると謳っている薬は個人輸入でも購入することはできますが、やはりその安全性には疑問が残り、使用する場合は自己責任となります。
HR(ヘアルネッサンス)タブレットB-2については病院で処方するお薬なので、安心して使用することができます。

HR(ヘアルネッサンス)タブレットC-1


上記タブレットA/Bの有効成分を血液に乗せて毛根まで運び効果を得るには、血行を良くすることはもちろん、髪の毛が作られるための栄養も必要です。
髪の毛を強く太くするために必要な栄養であるアミノ酸、ミネラル(亜鉛など)に加えて、ビタミンも配合した髪の毛のためのサプリメントです。
また、HR(ヘアルネッサンス)タブレットC-1には、髪の毛を育てるための栄養が毛根に届くまえに他の臓器で吸収されてしまわないための工夫がされています。

組み合わせ選択は医師と相談を

いかがでしたか?
AGA治療は治療薬を組み合わせて使用することができます。
経過に合わせて治療薬を調整していくには、やはり専門の医師の判断が必要です。
効果を確実に実感するためにはクリニックでの安心安全な治療を行っていきましょう。
また、あなたが髪の毛をどのような状態にしていきたいのか、どのような治療を行っていきたいのかなどを明確にすることも、治療を行う際に大切になってきますので、しっかり医師に相談していきましょう。
クリニックで治療することによって、専門の医師が薄毛のタイプや進行度、年齢に合わせてサポートを行います。
また、カウンセリングだけでなく、専門医による診察や治療法のご提案、頭部の写真撮影や治療に使用する薬が体に影響がないかを調べる血液検査などの治療準備までが無料となっており、処方薬のみの費用で治療を開始することができるのです。
治療への一歩は無料カウンセリングから。
医師がしっかりお答えしますので、安心してご利用ください。

無料カウンセリングのご予約はこちらから



pagetop
AGA治療薬トライアル AGA治療薬フィナステリド 初回限定1ヶ月1800円 詳細はこちら