englishchinese

AGAルネッサンスクリニック
通話無料!電話カウンセリング&無料診察のご予約 ドクターカウンセリング無料実施中!!写真で送れるドクター相談無料カウンセリングWEB予約
AGAは治るのか?|薄毛治療の病院 AGAルネッサンスクリニック
HOMEAGAとは女性の薄毛治療内容一覧料金表モニター募集症例写真体験談ドクター紹介クリニック案内

お電話でのお問合わせはこちら
写真で送れる無料ドクター相談
無料カウンセリングWEB予約
当院の治療の流れ




ドクター・スタッフブログ一覧 ドクター・スタッフブログ一覧 採用:医師・看護師募集 提携 湘南メディカル記念病院 人間ドックのご案内

AGAは治るのか?

薄毛改善法AGA治療の効果は気になるところですよね。
今まで育毛剤などご自身で色々試してきて、なかなか効果が出なかった方であればなおさらです。
AGAは本当に治療で治るものなのか、最終的に完治するのか、AGA治療の効果や期間についてお伝えしていきます。

そもそもAGAは病気なのか?

AGA(男性型脱毛症)は毛髪サイクルが乱れる病気です。
髪の毛には1本毎に寿命があり、成長期(伸びる)→退行期(抜ける)→休止期(生える準備)という毛髪サイクルを繰り返しています。
この毛髪サイクルの成長期に、髪の毛を育てる毛包の成長が不十分だと細く弱い髪の毛となり、しっかり成長できないうちに抜けてしまうのです。
ここでは毛髪サイクルの乱れの原因やその対処法についてご紹介していきます。

毛髪サイクルが乱れる原因

毛髪サイクルが乱れる原因は人によって異なります。
治療を行うのであれば、その原因についても知っておきたいですよね。
毛髪サイクルが乱れる原因として考えられるのは男性ホルモンの影響、遺伝、ストレス、食事、生活習慣等があげられます。
それぞれについて説明していきましょう。

■男性ホルモン
AGAを引き起こす主な原因となっているのはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種です。
テストステロンは、5αリダクターゼと結びつくことによって、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されます。
ジヒドロテストステロン(DHT)は、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまうのです。

■遺伝
AGAの主な原因は男性ホルモンの影響ですが、そのホルモンの生まれつきの分泌量や感受性を決めるのは遺伝子です。
親からの遺伝で、生まれつき脱毛を誘発する5αリダクターゼの量が多い方の場合は、やはり抜け毛や薄毛になりやすくなる傾向にあります。

■ストレス
ストレスが溜まってしまうと、自律神経が緊張し、血管が収縮してしまうため、頭皮の血行が悪くなります。
血行が悪いと毛根への栄養が十分に行き届かなくなります。
髪の毛の成長に必要な栄養が届かない状態は薄毛の原因となってしまいます。

■食事
脂分・塩分・糖分を多く含む食べ物を食べ過ぎてしまうと薄毛の原因となってしまいます。
多く摂り過ぎると血行が悪くなり、髪の毛に栄養が届けることができなくなったり、代謝が悪くなることによって頭皮の状態も悪くなってしまいます。
また、髪の毛の主成分であるタンパク質が不足すると髪の毛はどんどん細くなってしまいます。
摂り過ぎることも不足することも良くありません。
あくまでもバランスよく摂取することが大切です。

■生活習慣
睡眠不足、運動不足など生活習慣の乱れも原因になります。
睡眠不足の状態では、栄養がきちんと髪の毛まで届けられません。
睡眠のゴールデンタイム(22時~2時)にはベッドに入るように意識しましょう。
また、運動不足も血行が悪くなってしまうので、ヘアサイクルの乱れの原因となってしまいます。
意識して体を動かしましょう。運動することで血行が良くなり、ストレス解消にもつながります。

薄毛の原因によって変わる対処法

毛髪サイクルが乱れている原因によって、対処方法も変わってきます。
例えば、男性ホルモンが原因であれば、5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を止める必要があります。
そのためにはフィナステリド(プロペシア®等)を使用することが効果的です。
また、偏った食事等で髪の毛に必要な栄養が不足している場合は、食生活の改善はもちろん、不足している栄養を補えるようなサプリメントを飲む等の対応が必要になってきます。
こういった根本的な原因に合った対処方法を選択していくには、自己判断だけでは難しい場合があります。
そのため、専門のドクターによる診断はとても大切です。
クリニックでは原因に合わせ、その人に合った治療薬の処方が可能なのです。

AGAは完治するのか?

薬の継続が必要であるという意味では、残念ながら、AGAは完治しません。
AGAの治療は「現状維持」「進行を遅らせる」ことが目的となります。
AGAを引き起こしているのは変異した男性ホルモンです。
そのジヒドロテストステロン(DHT)が生成されないようにするには、フィナステリド(プロペシア®等)の力が必要です。
フィナステリド(プロペシア®等)の効果を持続させるには、薬は飲み続けなければならないのです。
進行型の薄毛ではなく、一時性の脱毛症(円形脱毛症など)は、完治が可能です。
円形脱毛症は、ストレスや自己免疫疾患が原因と言われています。
そのため、その原因を解決させることによって、髪の毛が生えて完治するのです。

AGA治療方法と期間・効果持続について

AGA治療は継続することで効果が出ます。
治療薬の効果が実感できるようになるのには早くても3カ月はかかります。
そして、効果が出たからと言ってやめてしまえばまた元の状態に戻ってしまうので、継続しなければその効果も持続しません。
また、治療薬を続けて1年経っても効果がない場合は、最終的には自毛植毛等へ治療方法を変更することも必要でしょう。
基本的には続けることが大切なAGA治療。
自己判断ではなく、クリニックでは、症状や経過状況に合わせ、効果的に治療することができるのです。
ルネッサンスクリニックでは、今後AGAを発症する可能性があるのか等を詳細に診察することができますし、髪の毛の量はあるが髪の毛が細い等の、症状に合わせた治療方法を提案することができます。
また、治療の経過をみて、薬の量や通院回数を減らすなどの調整を行い、効果的かつ経済的な治療を続けることができるのです。
市販されている医薬部外品の育毛剤や育毛シャンプー、増毛剤などはクリニックで処方される薬とは違って効果が穏やかなものです。
そのため、クリニックで処方される薬に比べるとその効果を実感できるようになるには、時間がかかるでしょう。

AGA治療はどこでできるか

AGAの治療を始めようとする場合、どこへ行ったらいいのでしょうか。
クリニック?育毛サロン?それとも皮膚科・・・?いろいろあるので迷ってしまいますよね。
ここでは治療を行う方法についてまとめてみました。

【クリニック】
AGA男性型脱毛症治療を専門とする医療機関のことで発毛外来とも呼ばれることもあります。
専門の医師による医薬品の治療やそのクリニック独自の最新の発毛医療を受けることができます。
育毛サロンとの大きな違いは医療機関であるという点です。

【育毛サロン】
独自のクレンジングや洗髪、育毛剤の処方で、頭皮の環境を改善し、発毛を促進させることができますが、育毛サロンはエステ同様、医療行為は一切できません。
また、薬を処方することもできません。
育毛サロンは、医療機関ではないけれども、薄毛や脱毛症のケアを行っているところになります。

【皮膚科】
皮膚科でもAGA治療を行っていますが、皮膚科で行っている治療はAGAの進行を止める治療になります。
そのため、プロペシア等の薬を処方してもらうことはできますが、頭皮のケアや頭皮に有効成分を注入するような発毛を促進させる治療は基本的に行っていません。

【個人輸入】
個人で直接海外から治療薬を輸入したり、個人輸入代行業者を利用し、クリニックで処方されるような治療薬を安価で入手し治療する方法です。
インターネット等で簡単に行うことができますが、その治療薬の安全性等は自己責任となります。

早ければ早いほど効果的なAGA治療

生え際や産毛、毛包すらなくなってしまった場合の回復は難しくなります。
「最近生え際が気になるな・・・」、「ちょっと薄くなってきたかな・・・」と気になり始めたらすぐに治療を行いましょう。
初期の段階では薬を使用して治療を行うことができますが、AGAが進行してしまうと自毛植毛が必要になる可能性もあります。
安心・安全でコストを抑えるためにも早期治療はとても大切です。
また、AGAは未成年でも発症します。
ルネッサンスクリニックでは高校生等、未成年の方でも治療が可能です。
ただし、その場合は親権者様の同意が必要になります。
安心・安全な治療を行うためにも、同意書をご持参の上、親権者様のご同伴をお願いしています。

発毛施術や植毛も同じく「続けなければならない」方法

発毛施術においても「完治」するものではありません。
発毛施術によって、頭皮を健康な状態にしても、施術をやめてしまえば、また元の不健康な状態に戻ってしまいます。
また、自毛植毛の場合、男性ホルモンの影響を受けない側頭部や後頭部の髪の毛を移植するものなので、植毛を行った部分はいわば「完治した」と言えますが、薬を飲み続けなければ、男性ホルモンの影響によって、いずれ別の場所にAGAが発症し進行する可能性もあるのです。

未来のAGA根治治療に期待

現段階の医療ではAGAが完治する治療法はありませんが、将来毛根再生(ES細胞)や遺伝子治療ができるようになれば、完治するようになる可能性もあります。
毛根再生とは、髪の毛の生えている部分の毛根の奥にある、髪の毛が生えるのに重要な細胞を取り出し、その細胞を増やす方法です。
増やした細胞を薄毛になっている頭皮に注入し、毛根を刺激することによって元気な髪の毛が再び生える状態に戻していくのです。
自分の細胞を使い、既存の毛根を再活性化させるので安全面も期待できますし、現在の自毛植毛より体への負担もありません。
また、遺伝子治療によって、AGAの発症を抑制する遺伝子を体に取り入れられるようになれば、AGAの完治だって夢ではありません。
医療の進化によって、未来のAGA根治治療にますます期待が高まりますね。



当院の薄毛治療はこちら


pagetop

ドクターメール相談

無料カウンセリングWEB予約

AGA治療薬トライアル AGA治療薬フィナステリド 初回限定1ヶ月1800円 詳細はこちら