englishchinese

AGAルネッサンスクリニック
通話無料!電話カウンセリング&無料診察のご予約 ドクターカウンセリング無料実施中!!写真で送れるドクター相談無料カウンセリングWEB予約
プロペシアのジェネリックはあり?|薄毛治療の病院 AGAルネッサンスクリニック
HOMEAGAとは女性の薄毛治療内容一覧料金表モニター募集症例写真体験談ドクター紹介クリニック案内

お電話でのお問合わせはこちら
写真で送れる無料ドクター相談
無料カウンセリングWEB予約
当院の治療の流れ




ドクター・スタッフブログ一覧 ドクター・スタッフブログ一覧 採用:医師・看護師募集 提携 湘南メディカル記念病院 人間ドックのご案内

プロペシアのジェネリックはあり?

毎月のAGA治療薬をできるだけ安くしたいと最近では個人輸入などが行われているフィナステリド内服薬。
プロペシア以外のジェネリックはどう選べば安心安全でしょうか?詳しく解説していきます。

ジェネリック

そもそも「ジェネリック医薬品」とは?

ジェネリックとは、新薬(先発医薬品)の特許期間が満了した後、厚生労働省の承認を得て製造・販売される薬のことです。
薬を開発するためには、長い歳月と、数百億以上の開発費用が必要になってきます。
そのため、新薬を開発した製薬会社は、特許を出願することによって、その薬の製造・販売を独占することができるのです。
現在の特許法では、特許権の存続期間を20年としています。
たいていの場合、治験を行う前の段階で特許の出願を行うことが多く、その後の開発や審査に10年から15年ほどの期間を費やすことになります。
そのため、製薬会社が実際に新薬を独占販売できるのは5年から10年ほどになります。
特許期間が過ぎると、その権利は国民の共有財産となるので、他の製薬会社も製造・販売ができるようになります。
これが「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」です。
ジェネリック医薬品と新薬(先発医薬品)には、その効果や安全性に違いはありませんが、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の方には最新の製剤技術により、飲みやすさや扱いやすさなど、さまざまな工夫を加えることができるのです。

【同じでなければいけないところ】
・有効成分の種類・量
・用法・用量
・効果・効能

【違ってもいいところ(工夫できるところ)】
・薬のかたち・色・味・添加物など

ジェネリック医薬品は、新薬に比べて開発費が大幅に削減できます。そのため、新薬と同じ有効成分を使用し、その効果や品質、安全性が同等でありながら、価格を安く抑えることができるのです。

ジェネリック

プロペシアの有効成分フィナステリドは10年以上経過したもの

フィナステリドは米国の製薬会社メルク社が開発しました。
1991年にメルク社によって、フィナステリドの開発が始まり、1992年には前立腺肥大の治療薬「プロスカー」という商品名で認可されました。
しかし、その後の研究において、このフィナステリドというものが男性型脱毛症(AGA)において、髪の毛を成長させるという効果を発揮することが明らかになりました。
そのため、1997年にはFDA(アメリカの厚生労働省に相当する機関)がフィナステリドを男性型脱毛症(AGA)の治療薬として認可しました。
その後、現在までに世界70ヶ国以上でもフィナステリドは承認されています。
日本でも1年間の臨床試験を終えた2005年に厚生労働省に承認されおり、同年には発売開始となりました。
有効成分フィナステリドは、日本での発売開始からすでに10年が経過しているのです。

ジェネリックとコピー品の違い

ジェネリック医薬品は特許期間が満了してから正式に開発され、開発されたその国で認可を得る薬であり違法ではありません。
コピー品とは特許と無関係に成分やその効果・効能を模倣して作られた薬のことをいいます。
コピー品は、正規の医薬品よりも格段に価格が安いものなのでつい手が出てしまいがちですが、中には有効成分がまったく含まれていないものや極端に少ないもの、過剰な薬効成分が含まれているもの、粗悪な材料を使用し、不衛生で雑菌などが混入しているものなど、品質に問題があるものも少なくありません。
そのため、インターネット等で購入したり、個人輸入を行ったりする際には、十分注意する必要があります。

プロペシアのジェネリック医薬品

日本国内の厚生労働省から正式な認可を受けて、2015年4月6日にファイザー株式会社より、『フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」』と『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』がプロペシアのジェネリックとして発売されました。
これは、日本薬事法が適応される日本で初めての正式なAGA治療薬のジェネリック医薬品となります。
現在はファイザー株式会社のみが販売しているプロペシアのジェネリック医薬品ですが、プロペシアの有効成分フィナステリドはAGA治療薬として高い効果を発揮するものなので、今後は他の製薬会社からも発売される可能性は十分にあると言えるでしょう。

HR(ヘアルネッサンス)タブレットAiもジェネリックです

ルネッサンスクリニックで処方している、有効成分フィナステリド配合のHR(ヘアルネッサンス)タブレットAiも実は安心のジェネリック医薬品です。
HR(ヘアルネッサンス)タブレットAiは、メルク社の特許外である台湾で製造、および申請をしています。
法律に基づいて、台湾の厚生労働省からきちんと認可されていますので、信頼できる医薬品なのです。

HR

「激安」などのコピー品は注意が必要

「プロペシアが激安」などの言葉で販売されている内服薬にはときどき「コピー品」が見受けられます。
インド製の「フィンカー」「フィンペシア」などが販売されておりますが、正式なジェネリックかコピー品なのかは分かりません。
先進国の多くでは、薬剤特許として物質特許と製法特許等が認められていますが、インドでは2005年まで物質特許が認められず、製法特許しか認められていませんでした。
そのため、まったく同一成分の医薬品でも製法が異なっていれば、先発薬の製薬会社に許可を得ずに製造することができました。
コピー品は、アメリカ製のものなども存在しています。
価格も安いので、コピー品とは知らずに個人輸入で簡単に購入してしまう可能性もあります。
しかし、コピー品の中には、有効成分の含有量が少なかったり、粗悪な材料を使用し、不衛生で品質に問題があったりするものもたくさん出回っています。
価格が安いからという理由だけで、むやみに手を出してしまうのは危険だということも覚えておくといいかもしれません。
こういった危険を回避するためにも、治療を行うのであれば、自己判断で薬を選んだり購入したりするのではなく、クリニックできちんとカウンセリングを受け、現在の進行状況に合わせた治療を行うことをおすすめします。
内服薬を使用するのであれば、その飲む量などもきちんと医師に相談しましょう。
また、クリニックではマイクロスコープ診断等もできるので、治療の進捗状況をしっかり確認、その都度調整しながら行うことができます。
ルネッサンスクリニックでも無料カウンセリングを行っております。
ルネッサンスクリニックの無料カウンセリングでは、あなたのお悩み・現在の症状の進行具合、治療相談やご要望等をしっかりお伺いし、専門の医師がしっかりお答えしますので、安心してご相談ください。

無料カウンセリングのご予約はこちらから



当院の薄毛治療はこちら


pagetop

ドクターメール相談

無料カウンセリングWEB予約

AGA治療薬トライアル AGA治療薬フィナステリド 初回限定1ヶ月1800円 詳細はこちら