湘南美容外科クリニック

薄毛遺伝子の解説

お電話でのお問合わせはこちら
写真で送れる無料ドクター相談
無料カウンセリングWEB予約
当院の治療の流れ



採用:医師・看護師募集
クリニクス新宿
クリニクス大阪
薄毛治療薬専用フォーム

薄毛遺伝子の解説

薄毛は遺伝するとはよく言われることですが、本当にそうなのでしょうか?
もし家族や親せきに薄毛がいたら自分もそうなるのかと悩ましいですよね。
ここでは薄毛は遺伝するのか?薄毛遺伝子を持っていたら将来ハゲてしまうのか?ハゲない方法はないのか?ということについて解説していきます。

初期脱毛

薄毛は遺伝するのか?

薄毛は遺伝します。
薄毛と男性ホルモンの関係を研究していたハミルトン博士は、薄毛は遺伝するのかということについて実験を行っています。
その実験内容とは、去勢された男性の薄毛進行具合を調べるというものです。
男性ホルモンであるテストステロンは、睾丸から分泌されます。去勢によって、テストステロンが分泌されなくなった男性の髪の毛の状態はどのように変化していったのでしょうか。
まず、分かったのが「思春期以前に去勢されると薄毛にならない」ということ。
男性ホルモンであるテストステロンは思春期以降に分泌が始まります。
テストステロンが分泌され始める前に去勢されると薄毛にならなかったのです。
次に「もともと薄毛の男性が去勢されると薄毛の進行が止まる」ということ。
去勢によりテストステロンが分泌されなくなると薄毛は進行しないことが分かりました。
ハミルトン博士は、去勢された人にテストステロンを投与するという実験も行います。
実験対象となるのは、「家系に薄毛の人がいない人」、「家系に薄毛の人がいるけれど、まだ薄毛が始まっていない人」、「家系に薄毛の人がいて、すでに薄毛が始まっている人」です。
どのような結果になったのでしょうか。
下記の実験結果をご覧ください。

  テストステロン投与前の状態 テストステロン投与後の状態
家系に薄毛の人がいない 薄毛ではない 変化なし
家系に薄毛の人がいる 薄毛ではない 薄毛が始まる
家系に薄毛の人がいる 薄毛が始まっている 薄毛が進行した

家系に薄毛がいない人は、テストステロンを投与しても髪の毛の状態は変化がありませんでした。
しかし、家系に薄毛の人がいる場合、薄毛ではなかった人はテストステロンを投与すると薄毛が発症し、薄毛が始まっていた人はテストステロンを投与すると薄毛が進行していったのです。
つまり、テストステロンが増えても薄毛にならない人と薄毛になる人がいて、それは遺伝しているということが分かったのです。

薄毛遺伝子は2つ

現在わかっている薄毛に関する遺伝子は2つです。
・5αリダクターゼの活性の高さを決める遺伝子
・アンドロゲンレセプターの感受性の高さを決める遺伝子

そもそも薄毛は、テストステロンが変化したジヒドロテストステロン(DHT)が原因であることがわかっています。
ジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロンに5αリダクターゼが結合することによって生成されるものです。
家系に薄毛がある人がテストステロンを投与することによって、薄毛が進行したのは5αリダクターゼを生まれつき多く持っていることを指しているのです。

5αリダクターゼによって生成されたジヒドロテストステロン(DHT)が、毛乳頭に存在しているアンドロゲンレセプター(ホルモンを感知する器官)に反応すると毛母細胞の分裂が止まったり、毛母細胞が死んでしまい、ヘアサイクルの乱れを引き起こしてしまいます。
その結果、髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうのですが、遺伝的に薄毛になりやすい人は、このアンドロゲンレセプターがジヒドロテストステロン(DHT)とくっつきやすい傾向にあります。
つまり、薄毛になりやすい人は、アンドロゲンレセプターの感受性が高いとも言えるのです。

5αリダクターゼの活性を決める遺伝子

「優性遺伝」という言葉をご存知でしょうか?
「優性遺伝」とは、対立した遺伝子があっても、優位な遺伝子の性質が表れることです。
実は、薄毛を引き起こす要因である5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子は優性と呼ばれる遺伝子なのです。
そのため、父親か母親のどちらか一方でも5αリダクターゼの活性が高い遺伝子を持っていれば、子供にも5αリダクターゼの活性がある遺伝子が受け継がれているのです。

アンドロゲンレセプターの感受性を決める遺伝子

「アンドロゲンレセプターの感受性が高い」=「CAGリピート、GGCリピートが短い」 遺伝子配列からすでにこのように特定されているのですが、では「CAGリピート」、「GGCリピート」とは何のことでしょうか。

まず、CAGリピート数とは人の遺伝子の配列の繰り返しをカウントしたものです。
C(シトシン)・A(アデニン)・G(グアニン)という塩基成分が順番に配列されている繰り返しの数(リピート数)を調べます。
例えば「CAGCAGCAGCAGCAG」であれば、リピート数は5になります。
このCAGの繰り返しの数が少ないことを「CAGリピート数が短い」言います。
CAGリピート数が少ないと、ジヒドロテストステロン(DHT)に反応しやすいので、有効成分であるフィナステリド(プロペシア®等)が効きやすいということもわかります。

GGCリピート数は、遺伝子配列の中の塩基成分G(グアニン)・C(シトシン)が、配列されているところを見て、その繰り返しの数(リピート数)を調べます。
「GGCGGCGGCGGC」 だったら、リピート数は4です。この繰り返しが短いと薄毛を発症しやすいのです。

遺伝子配列では、CAGリピート数とGGCリピート数を足した値で、最終的に薄毛を発症するリスクを判断します。
具体的には標準値を38とし、それ以上ならばリスクが低く、それ以下であればリスクが高くなります。

また、アンドロゲンレセプターの感受性を決める遺伝子は、X染色体に存在しています。
男の子は父親からY染色体、母親からX染色体を1つずつ受け取ってXYとなって生まれてきます。
X染色体は母親のものが息子に引き継がれます。
つまり、薄毛は常に母親からの遺伝になるのです。
母方の祖父が薄毛である場合でも、女性である母親には薄毛が見られることは少なく、その性質を引き継いだ孫が薄毛になると「隔世遺伝だ」と言われる理由はここにあるのです。

薄毛遺伝子を調べる方法

薄毛を発症するリスクは遺伝子検査をすればわかります。
では、具体的に遺伝子検査とはどのように行うのでしょうか。
まず、遺伝子検査を行うには、病院やクリニックで行う方法と、遺伝子検査キットを使用して自宅で検査する方法があります。
両者を比較してみました。

  病院やクリニックでの検査 検査キット
検査方法 血液や毛髪、口内粘膜採取 口内粘膜の採取
費用 20,000~30,000円前後 10,000 ~ 13,000 円くらい
検査結果が出るまで 約1ヶ月 2 ~ 3 週間
メリット 検査結果が的確
検査結果に基づくAGA治療を
そのまま行ってもらえる
費用が安い
時間がない人でも気軽に
検査出来る
デメリット 費用が高い AGAであれば、結局病院に行って治療する

遺伝子検査は3万個の遺伝子の中から、薄毛に関する遺伝子のリピート数によって判断していきます。
前述しているCAGリピート、GGCリピートを見ることによって、有効成分フィナステリド(プロペシア®等)が効きやすいかどうかと薄毛の発症リスクを調べることができます。
・CAGリピート数→フィナステリド(プロペシア®等)による治療効果
・GGCリピート数→薄毛発症リスク
※この2つを足した値で、最終的に薄毛を発症するリスクを判断。
標準値を38とし、それ以上ならばリスクが低く、それ以下であればリスクが高くなる。
また、血液検査では治療薬を使用しても問題ないか、副作用が出やすい体か、ホルモンやミネラルを判定することができます。
特に肝臓機能に障害がある場合、フィナステリド(プロペシア®等)を使用すると副作用が出る場合があるので、問題があった場合はフィナステリド(プロペシア®等)の使用が出来ないケースもあります。

薄毛遺伝子を持っていたら将来ハゲるのか?

薄毛遺伝子を持っていると必ずハゲるというわけではありません。
近年女性でも薄毛治療を受けている人が急増していますが、そもそも女性の体内には男性ホルモンは微量しか存在していないため、今まで説明してきたような2つの薄毛遺伝子による影響は少ないと言えます。
また、男性も遺伝が原因のAGA(男性型脱毛症)は25%程度と言われていますので、遺伝子で全てが決まるというわけではありません。
遺伝以外が原因で薄毛が発症するのには、生活習慣やストレスといったものが大きく関わってくるのです。

薄毛遺伝子を持っていても薄毛が進行しない例

薄毛は遺伝のほかに、生活習慣も大きくかかわっているといわれています。
ストレスを溜めず、食事や運動など、頭皮や毛髪に良い影響を与える生活を心がけると共に、頭皮のケアもしっかり行うことが薄毛予防にとって重要です。
適度に体を動かすことはストレス発散や良い睡眠にもつながります。また、バランスの良い食事も大切です。
肉や魚、卵、豆類、乳製品といったタンパク質やアミノ酸を多く含む食品、脂肪分の多いものは控え、牡蠣やレバー、牛肉やチーズ、卵などの亜鉛を多く含む食品を選んでいきましょう。
特に亜鉛は薄毛が気になる人にはしっかり摂って欲しい栄養で、ビタミンCも摂取することで亜鉛の吸収率がアップすると言われています。
亜鉛やビタミンCのサプリメントを補助的に活用し、補うこともできます。
あわせて、日頃の頭皮ケアもしっかり行いましょう。
紫外線を浴びすぎないようにしたり、地肌に優しいシャンプーを使用し、頭皮の皮脂を落とし、最後に育毛剤などで保湿しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
薄毛は遺伝子の影響もありますが、その遺伝子があるからといって100%薄毛になるというわけでもありません。
遺伝的に薄毛になる可能性が高くても、それを把握しつつ、生活習慣改善や頭皮ケアを行うことで予防することはできます。
また、薄毛になる遺伝子を持っているのであれば、手遅れになる前に治療薬を飲むなどの治療を行えば進行を遅らせることもできるのです。
「遺伝的にハゲるかも・・・」「最近生え際がうすくなってきたかも・・・」
そんな方には無料カウンセリングをおすすめします。
当クリニックでは、専門のドクターがしっかりお話を伺っています。
薄毛治療には早期発見・早期治療がとても重要です。
自分の髪の毛の状況、将来の髪の毛について、治療に関する不安など、まずは一度相談してみませんか?

無料カウンセリングのご予約はこちらから



pagetop
AGA治療薬トライアル AGA治療薬フィナステリド 初回限定1ヶ月1800円 詳細はこちら