薄毛の原因

お電話でのお問合せはこちら

  • 新宿 0120-548-911
  • 福岡 0120-949-750
  • 大阪 0120-548-984
  • 仙台 0120-961-215

AM10:00~PM11:00(土日祝対応)

専門医がお答え
画像メール相談
無料カウンセリング
WEB予約
当院の治療の流れ CLICK 交通費サポート制度 最大5万円 CLICK メディア掲載情報 テレビ・雑誌等 CLICK 医師・看護師募集! 湘南美容外科グループでの採用となります 来院せずにスマホで診察 遠隔オンライン診断 CLINICS AGA薄毛治療薬専用購入フォーム CLICK/※一部ご利用できないクリニックもございます

薄毛の原因


原因人間の毛髪は、頭皮の内部にある「毛根」と頭皮の外側にある「毛幹」に分かれています。
毛根の根本には「毛乳頭」があり、ここに頭皮の毛細血管から各種の栄養が送られ、細胞分裂を繰り返すことで、髪の毛は成長します。
毛乳頭はこのように毛髪の成長を促す大事な組織ですが、ストレスや食生活や生活習慣の乱れによって血流の流れが悪くなったり、ホルモンの過剰な分泌などによって、毛乳頭が正常に機能しなくなったとき、毛髪の成長は妨げられ、異常脱毛が起こってしまいます。
これがAGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因となります。

薄毛の主な要因

ホルモン
脱毛や薄毛には様々な原因がありますが、男性型脱毛症の最も大きな要因は男性ホルモン(テストステロン)といわれています。テストステロンは、毛包の細胞質にある「5αリダクターゼ」という酵素により、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンに変換されます。

本来は男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンです。
ところが、このDHTは思春期を過ぎると、AGAだけでなく、ニキビや前立腺肥大などの症状を引き起こす悪玉男性ホルモンへと変化してしまいます。その結果、髪の毛が抜ける現象が起きるのです。

詳しくはこちら
ストレス
不安や不満などの心理的ストレスは心身に様々な悪影響を及ぼします。
毛髪にとっても例外ではなく、過剰なストレスを受けると自律神経が緊張し、血管が収縮するため頭皮への血流が悪くなります。

血流が悪化すると毛根への栄養補給が妨げられますので、結果的に毛髪の成長を阻害する原因となり、ヘアサイクルが乱れ、毛髪がしっかりと太くなる前に抜け落ちてしまうのです。
遺伝
男性型脱毛症は遺伝によるものが多いといわれています。
脱毛を誘発するのは「5αリダクターゼ」という酵素ですが、親からの遺伝で、5αリダクターゼの量が生まれつき多い方の場合は、抜け毛や薄毛になりやすくなります。

ご自分の5αリダクターゼの量を、遺伝子検査により診断することも可能です。
詳しくはこちら

食生活
最近は簡単で手軽なインスタント食品やレトルト食品を摂る食生活が当たり前になっています。

しかしながら、このような高カロリーであったり、動物性の脂肪分を多く含む食品を摂り過ぎると、血液中のコレステロールが増え、毛乳頭への血液が悪化しますので、髪の発育に必要なタンパク質等の栄養素の補給が不足することになります。
生活習慣
偏った食事のほか、過度の飲酒や喫煙、運動不足などの生活習慣の乱れも毛髪の成長に悪影響を及ぼします。

過度の飲酒は、肝臓の働きや細胞分裂の機能を抑制しますので、タンパク質不足につながります。また、喫煙は血管を収縮させ、頭皮の血流が悪くなり、十分な栄養が行き渡らなくなりますので、発毛の妨げになります。




pagetop
画像メール相談 無料 カウンセリングWEB予約 電話で予約問い合わせ
AGA治療薬トライアル 薄毛でお悩みの方 AGA治療薬 初回限定1ヶ月分1,800円(税込) 詳細はこちら