湘南美容外科クリニック

5αリダクターゼとは?

お電話でのお問合わせはこちら
写真で送れる無料ドクター相談
無料カウンセリングWEB予約
当院の治療の流れ



採用:医師・看護師募集
クリニクス新宿
クリニクス大阪
薄毛治療薬専用フォーム

5αリダクターゼとは?

AGA(男性型脱毛症)を引き起こす要因となる5αリダクターゼ。
ここでは、薄毛を効果的に改善するための知識として、5αリダクターゼの抑制法について解説していきます。

5αリダクターゼ

5αリダクターゼとは?

5αリダクターゼは、男性ホルモン(テストステロン)を、より強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素です。
1型と2型があり、2型5αリダクターゼがより強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を生成すると言われています。
AGAは、テストステロンが5αリダクターゼと結びつくことによって、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのが原因で起こります。
生成されたジヒドロテストステロン(DHT)は、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつき、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまうのです。

体のどの部位に存在している?

1型5αリダクターゼは全身の側頭部と後頭部の皮脂腺に、2型5αリダクターゼは前立腺と前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在します。
1型5αリダクターゼは、皮脂腺に多く存在しているため、皮脂の分泌が多く、肌が脂っぽい人は1型5αリダクターゼの分泌が多いと言えます。
一方で、2型5αリダクターゼは毛乳頭に多く存在しているので、この型の分泌が多い人は髭や体毛が濃い人が多いのです。
また、2型5αリダクターゼが多く存在している部位(前頭部や頭頂部)で薄毛が起こっているということは、その薄毛は2型5αリダクターゼの影響を受けているということになります。

どのような役割があるのか?

男性ホルモンであるテストステロンは、骨や筋肉、精子の生成、性欲上昇といった男性の体にとって大切な働きがあるホルモンです。
実は5αリダクターゼには、このテストステロンを補助する役割を持っており、健全な体をつくるにはなくてはならない存在なのです。
このように意味があって存在している5αリダクターゼですが、髪の毛にとってはマイナスに働いてしまいます。
AGAを発症させないためにも、5αリダクターゼとテストステロンの結合は阻止しなければならないのです。

5αリダクターゼの分泌メカニズム

5αリダクターゼの分泌量には個人差がありますが、過去の様々な研究によって、その分泌量は遺伝によって決まると考えられています。
5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子は優性遺伝子です。
そのため、父親か母親のどちらか一方でも5αリダクターゼの活性がある遺伝子を持っていれば、それは子供にも受け継がれているのです。

5αリダクターゼの抑制法

AGA発症の原因を作る5αリダクターゼ。
この5αリダクターゼの働きを抑制することがAGA治療にとっては重要になってきます。
では5αリダクターゼを抑制するにはどうしたらいいのでしょうか。
ここでは、薬や食べ物で5αリダクターゼの働きを抑制する方法についてご説明していきます。

AGAの治療薬に含まれているのが有効成分フィナステリドです。
フィナステリドには2型5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。
この有効成分フィナステリドが含まれている治療薬として有名なのがプロペシアです。
当クリニックが独自開発したオリジナル治療薬「HR(ヘアルネッサンス)タブレット」にもフィナステリドが配合されています。
オリジナル治療薬にはAGA治療には欠かせないフィナステリドに加え、ミノキシジル、不足しているアミノ酸・ビタミン・ミネラルなどを補えるように工夫をしています。
また、フィナステリドは内服薬としてだけではなく、実は外用薬としても効果を発揮します。
外用薬の有効成分として有名なのがミノキシジルですが、オリジナル治療薬「HR(ヘアルネッサンス)スプレー」には、ミノキシジルだけでなく、フィナステリドも配合されています。
このフィナステリド配合の育毛剤も5αリダクターゼの抑制にとても効果があります。

HR

食べ物

5αリダクターゼを阻害するといった点では、上記のような薬が最も効果的ではありますが、毎日の食事や栄養を補うためのサプリメントなどからも髪の毛のためになることをしていきましょう。
食べ物の場合、副作用の心配もないので、安心して取り入れることができるのがうれしいですよね。
5αリダクターゼを阻害する食品やサプリメント、髪の毛に良い食品についてまとめてみました。
・ノコギリヤシ…
北アメリカに群生する植物で、主にその実は古くから男性の滋養強壮効果のある食べ物として用いられてきましたノコゴリヤシには、βシトステロール、オクタコサノール、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸などが含まれています。
中でもβシトステロール、オクタコサノールには、5αリダクターゼの成分を抑制する機能があると言われています。
ノコギリヤシからエキスを抽出し、サプリメントとして取り入れることができます。
・亜鉛…
生ガキ、レバー、牛肉、タラバガニ、しじみなどに多く含まれるのが亜鉛です。
体の中で分解されたアミノ酸を髪の毛の材料となるケラチンに再合成する際に必要になる成分です。
ストレスがかかるとせっかく体に取り入れた亜鉛が消費されてしまうと言われています。
不足してしまうとケラチンをうまく作ることができなくなってしまうため、弱い髪の毛になってしまいます。
また、亜鉛には抜け毛の原因になると言われている5αリダクターゼを抑制する作用もありますので積極的に摂っていきましょう。
・アロエ…
アロエに含まれているアロインという成分が5αリダクターゼを阻害すると言われています。
原液を頭皮に塗ると効果があるようですが、肌に合わない場合もあるので使用する時には注意が必要です。
・イソフラボン…
豆乳、納豆、豆腐など、大豆を使用した食品に多く含まれていて、女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きします。
そのため、5αリダクターゼの働きを阻害してジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されにくい状態を作ることができると言われています。
・ミカン…
d-リモネンという皮に含まれた成分に、5αリダクターゼを抑制する作用があると言われています。

まとめ

AGA(男性型脱毛症)を引き起こす要因となる5αリダクターゼについてご説明してきましたがいかがでしたでしょうか。
5αリダクターゼを抑制することがAGA(男性型脱毛症)治療には重要であることがお分かりになったかと思います。
5αリダクターゼの抑制に最も効果を発揮するのはフィナステリドです。
このフィナステリドが配合された治療薬は医師の処方が必要となってきます。
当クリニックでもフィナステリド配合のオリジナル治療薬を処方しています。
また、食事など含め、生活習慣へのアドバイスも行っておりますので、安心して治療を始めることができます。
薄毛の悩みや、治療に関する不安をお伺いする当クリニックの無料カウンセリングを是非ご活用ください。

無料カウンセリングのご予約はこちらから



pagetop
AGA治療薬トライアル AGA治療薬フィナステリド 初回限定1ヶ月1800円 詳細はこちら