湘南美容外科クリニック

AGAとは

お電話でのお問合わせはこちら
写真で送れる無料ドクター相談
無料カウンセリングWEB予約
当院の治療の流れ



採用:医師・看護師募集
クリニクス新宿
クリニクス大阪
薄毛治療薬専用フォーム

AGAとは

AGA AGA(Androgenetic Alopecia)=「男性型脱毛症」は、成人男性に多くみられる脱毛症です。
日本では、1000万人以上の方が抜け毛や薄毛で悩んでおり、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)といわれています。

AGAは男性だけではなく女性の方でも起こりますが、女性の場合は男性のように局部的に脱毛することはほとんどなく、全体的に薄毛になっていくのが特徴です。

また、一般的にAGAは30~50代の中年男性にみられる症状ですが、最近では20代の若者のAGAも増えてきています。特にAGAは進行性がありますので、何もせずにいるとゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・うす毛が徐々に目立ってきます。

ただ、AGAの症状は薄毛になっても、うぶ毛は残っていますので、毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性がありますのでご安心ください。

薄毛のメカニズム

毛髪は植物と同じように1本1本寿命があり、ある一定のサイクル(毛周期)にしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返します。
本来髪の毛とは抜けるものなので、シャンプーの際の抜け毛や朝起きたときの枕元の抜け毛などはあまり気にする必要はありません。

正常時のヘアサイクル

成長期が2年〜6年となり、時間をかけてしっかりと成長していきます。

メカニズム

正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることもありませんが、実はこのサイクルを乱す物質が存在します。
それは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンの一種で、本来は男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンです。

AGAのヘアサイクル

成長期が数か月〜1年となり周期が早まることで弱毛と呼ばれる髪の毛が増えていきます。

メカニズム

ところが、このDHTは思春期を過ぎると、AGAだけでなく、ニキビや前立腺肥大などの症状を引き起こす悪玉男性ホルモンへと変化してしまいます。
DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって変化したもので、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまいます。

アルファーリダクターゼにはタイプIとタイプIIの二種類が存在し、それぞれⅠ型DHTとⅡ型DHTを生成します。
AGAが出現する前頭部と頭頂部にはタイプⅡの5αリダクターゼが主に存在し、AGAが出現しにくい後頭部と側頭部にはタイプⅠが多く存在してるのです。

通常、生えた髪の毛は2年~6年は維持されるはずなのですが、DHTタイプⅡが標的器官である前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターに接続すると脱毛に関するタンパクを生成し、一気に毛髪の寿命を縮め、数ヶ月から1年で成長が止まってしまいます。

そのタンパク質の代表的なものがTGF-β1と考えれています。
TGF-β1は細胞の働きを調節する内因性生理活性蛋白質でサイトカインの一種です。
TGF-β1が毛包細胞に存在するTGF-β1レセプターに結合すると毛包細胞の細胞自然死(アポトーシス)が起こり、毛周期が退行期へ誘導されてしまうのです。

現在AGA治療の唯一の内服薬であるプロペシアは5αリダクターゼタイプⅡの阻害薬ですがTGF-β1をコントロールする治療薬の開発が望まれます。




pagetop
AGA治療薬トライアル AGA治療薬フィナステリド 初回限定1ヶ月1800円 詳細はこちら